電子マネー比較.com電子マネーの種類>Suica(スイカ)

Suica(スイカ)について

Suica(スイカ)は東日本旅客鉄道(JR東日本)が提供する電子マネーサービス。JR東日本利用時において乗車券を購入せずにSuica(スイカ)をかざす事で決済ができる。主に乗車用電子マネーとして利用されてきましたが、近年ではJR駅構内でのお買い物などにも利用できるようになってきています。無記名式のほか、記名式のものもあります。プリペイド方式となっており、JR駅構内などでチャージが可能となっています。

Suica(スイカ)の基礎情報

JR東日本の電子マネーですが、交通系電子マネーの相互利用が可能となっているため、、東京モノレール、東京臨海鉄道、PASMO(首都圏の地下鉄・バス・私鉄)というように首都圏におけるほとんどの交通機関で使用することができる電子マネーとして普及しています。

Suicaの利用可能店舗もこれまでの駅構内を中心としたいわゆる駅ナカから、コンビニエンスストアなど街中でも使用範囲が広くなりつつあります。

Suicaを手に入れる方法としては、JR東日本の駅にあるカード販売機、みどりの窓口などで購入が可能となっております。なお、Suicaは交通系の電子マネーらしく種類も「MySuica(記名式)」「Suica定期券(記名式)」「Suica(無記名)」の三種類が用意されており、MySuicaに関しては半額利用が可能な子供用も用意されています。

この他、JALと提携したJALカードSuica(クレジット機能付き)はく、JAL(日本航空)のマイレージプログラム(ポイントプログラム)へのポイント移行が可能で人気が高い。この他、大手家電量販店のビックカメラ、みずほ銀行などとも提携したカードを発行しています。

 

Suicaポイントクラブとメトロポイント

Suicaの利用でポイントが貯まります。(ただし、電車の利用でのポイントは貯まりません)
加盟店でのSuica(電子マネー)決済でポイントが貯まるようになっています。

同じく首都圏を中心とする電子マネー(PASMO)と比較すると、こちらは乗車ポイントも貯まることを考えると、首都圏で生活しているならPASMOを使って電車にのる方がポイントが貯まる機会が多いのでお得と言えるでしょう。

 

電子マネーSuica(スイカ)に関する会社情報・提携情報

発行会社名

東日本旅客鉄道(JR東日本)

年会費

無料(入会金2,000円、デポジット500円を含む)

支払方法

プリペイド方式

カードの種類

記名式(MySuica・Suica定期券)・無記名式(Suica)

チャージ限度額

20,000円
500円分のデポジットが必要

カード紛失時の補償

記名式の場合のみ駅の窓口などで申告し利用停止手続きが行えれば残額を補償する。無記名式の場合は補償なし。

規格

Felica

発行枚数

約2160万枚

利用可能店舗

イオンなどのスーパー、ファミリーマート、ミニストップおよびJR構内のキオスクなど。

お財布ケータイ

・NTTドコモ
・au
・SoftBank

公式サイト

http://www.jreast.co.jp/suica/

Suicaが付帯するカード

・ビューSuicaカード
・JALカードSuica
・ビックカメラSuicaカード
・みずほSuicaカード
・イオンSuicaカード
・YahooJapanカードSuica

ポイントプログラム

Suica単体のポイントプログラムは用意されていませんが、提携クレジットカードを利用することにより各種ポイントが貯まる仕組みが用意されています。