電子マネー比較.com電子マネーの種類>PASMO(パスモ)

PASMO(パスモ)について

PASMO(パスモ)は、首都圏の私鉄、地下鉄、バス会社が共通で販売するIC乗車券のこと。JR東日本と仕様を共通化しているため、相互利用が可能です。また、交通機関以外にも、スーパーやコンビに、ドラッグストアなどでも使用可能となっているのがうれしい。JR駅構内、私鉄駅構内でチャージ可能となっています。

PASMO(パスモ)の基礎情報

PASMO(パスモ)はプリペイド方式の電子マネーで、事前にチャージすることにより、首都圏の私鉄各線、バスといった交通機関の乗車券代、電鉄会社系スーパーなどお買い物ができる電子マネー。

名前を登録する記名式PASMOと無記名式PASMOの二つがあり、記名式PASMOについては、PASMO定期券や小児用PASMOが利用可能となる。また、記名式の場合は紛失時も補償の対象となるのに対して、無記名式PASMO(パスモ)の場合は紛失した場合も補償の対象とはならない。

駅の窓口やバス営業所などで購入が可能で、初回のみ500円のデポジットが必要です。その後のチャージは券売機やバス車内でもチャージが可能となっています。

また、PASMO(パスモ)の便利機能として、残高が一定額を下回った場合には自動的に加算されるオートチャージという機能がついたあカードが用意されています。2000円を下回った場合、改札口を通るだけで自動的に3000円チャージされます。(申し込みには、パスモが発行するクレジットカード(パスモタウンカード)または、電鉄各社が発行するクレジットカードが必要となります。

 

電子マネーPASMO(パスモ)に関する会社情報・提携情報

発行会社名

株式会社パスモ

年会費

無料(初回デポジット500円)

支払方法

プリペイド方式

カードの種類

記名式・無記名式

チャージ限度額

20,000円

カード紛失時の補償

利用停止登録完了時点での残高・ポイントは補償される(記名式のみ)

規格

Felica

発行枚数

462万枚

利用可能店舗

・首都圏の私鉄、JR、バス各社。
・東急ストアなど
・駅売店

お財布ケータイ

非対応

公式サイト

http://www.pasmo.co.jp/

PASMOが付帯するカード

・京急カード(クレジットカード)
・京成カード(クレジットカード)
・新銀行東京(クレジットカード)
・西武プリンスカード(クレジットカード)
・東武カード(クレジットカード)

ポイントプログラム

PASMO(パスモ)として単体のポイントプログラムはなし。PASMOが付帯するクレジットカードで、オートチャージ機能を利用した場合、チャージ額に応じてポイントが付く場合があります。