電子マネー比較.com>電子マネーの種類

電子マネーの種類について

電子マネーの種類では、普及している様々な電子マネーについてそれぞの普及状況や利用可能な店舗(施設)、互換性や規格の違いなどを分かりやすく解説していきます。

大きく電子マネーは「流通系」と「交通系」に分類されます。流通系の電子マネーは要するに通常のお買い物に使われるタイプのものです。一方で交通系の電子マネーは電車やバスなどの乗車券代わりに用いるのが基本となるものです。
ただし、最近では、交通系の電子マネーであっても流通分野に利用される機会がでてくるなど境目が薄くなってきています。また、複数の電子マネー間での「相互利用」も薦められています。

交通系の電子マネー

おもに、交通系の会社(電車やバスなど)が発行する電子マネーです。一般にはIC乗車券としての利用がメインであるため、一般のお店での利用は制限があります。
ただし、近年では交通系の電子マネーが使えるお店もふえており、さらに、交通系電子マネー同士の「相互利用」も進んでいます。

Suica(スイカ)

Suica(スイカ)は東日本旅客鉄道(JR東日本)が提供する電子マネーサービス。JR東日本利用時において乗車券を購入せずにSuica(スイカ)をかざす事で決済ができます。主に乗車用電子マネーとして利用されてきましたが、近年ではJR駅構内でのお買い物などにも利用できるようになってきています。無記名式のほか、記名式のものもあります。プリペイド方式となっており、JR駅構内などでチャージが可能となっています。
Suicaが付帯するカード
Suicaのポイントプログラム

 

PASMO(パスモ)

PASMO(パスモ)は、首都圏の私鉄、地下鉄、バス会社が共通で販売するIC乗車券のこと。JR東日本と仕様を共通化しているため、相互利用が可能です。また、交通機関以外にも、スーパーやコンビに、ドラッグストアなどでも使用可能となっているのがうれしい。JR駅構内、私鉄駅構内でチャージ可能となっています。

 

ICOCA(イコカ)

ICOCA(イコカ)は西日本旅客鉄道が運営する電子マネー。これまであったJスルーカードや定期券をFelica搭載のICカード化したものです。電子マネーとしても駅のコンビニや自販機などで支払ができる。

 

PiTaPa(ピタパ)

PiTaPa(ピタパ)は関西エリアで利用可能な交通系電子マネー。他の交通系電子マネーとは異なり、完全な後払い(ポストペイ型)となっているのが特徴です。もちろん、電車以外の関西エリアのスーパーなどでも利用が可能となっています。

 

nimoca(ニモカ)

nimoca(ニモカ)は西鉄グループが発行・管理する電子マネー。2010年には、同じく福岡市営地下鉄の「はやかけん」、JR九州の「SUGOCA」との相互利用が可能となりました。同時に「Suica」とも相互利用が可能となっています。

 

はやかけん

はやかけんは福岡の市営地下鉄(福岡市交通局)発行の電子マネー(IC乗車券)。無記名式から記名式のタイプ。ANA(全日本空輸)と提携した形のものある。同じく九州の交通系電子マネーである「nimoca」および「SUGOCA」と相互利用が可能となっています。

 

SUGOCA(スゴカ)

SUGOCA(スゴカ)はJR九州発行の電子マネー(IC乗車券)

 

流通系・クレジット系の電子マネー

主に、流通業やクレジットカード会社などが提供する電子マネーです。加盟店の数が多い上、ポイント制度が充実しているという点が特徴です。

Edy(エディ)

Edy(エディ)はビットワレットという会社が提供している電子マネーサービス。Felica(フェリカ)を搭載しているカードまたは、お財布ケータイで利用が可能となっています。
Edyが付帯するカード
Edyのポイントプログラム

 

nanaco(ナナコ)

nanaco(ナナコ)はセブン&アイホールディングスが提供する電子マネーサービス。全国のセブンイレブンや一部のデニーズやイトーヨーカ堂で利用が可能となっている電子マネーで、カード型のものと携帯電話にアプリをダウンロードして利用するお財布ケータイの二種類が用意されている。

 

WAON(ワオン)

WAON(ワオン)は、イオングループが提供するプリペイド型電子マネー。使える場所はイオングループ各社で、ジャスコ・サティ・ビブレ・マックスバリュー・カルフールなどが対象となります。無記名式のWAONカード、イオンカード会員専用の「WAONカードプラス」、クレジット機能と電子マネー機能が付帯した「イオンカードWAON一体型」の3種類がラインナップされている。

 

iD(アイディー)

iD(アイディー)はNTTドコモが運営するケータイクレジットのブランドである電子マネーサービス。ポストペイ型の電子マネーとなっている。読み取り機にかざすだけで事前チャージは不要で決済ができる。ただし、利用に当たってはお財布ケータイ対応のNTTドコモ携帯端末と、対応クレジットカードが必要となる。

 

Visa Touch(ビザタッチ)

Visa Touch(ビザタッチ) は、クレジットカードの国際ブランドの一つであるビザ・インターナショナルが提供する非接触ICカード決済サービス。基本的機能はクレジットカードとほぼ同様ですが、端末にカードをかざすだけで利用可能なもの。クレジットカードと電子マネーの中間的存在といえます。

 

Smart Plus(スマートプラス)

Smart Plus(スマートプラス)は、三菱UFJニコスが開発した非接触ICカード決済サービス。Visa Touchと同様の仕様により作られている。原則としてVisa TouchとSmart Plusの間に違いは無い。

 

QUICPAY(クイックペイ)

QUICPAY(クイックペイ)はJCBが開発した電子マネー。後払い方式(ポストペイ)のため、クイックペイを利用するにはJCBが発行するクレジットカードを保有しておく必要がある。クレジットカードと同規格のため、不正利用時の補償などが手厚いのがうれしい。