電子マネー比較.com>電子マネーの基礎知識

電子マネーの定義

電子マネー(でんしまねー)とは、電子的なデータにより貨幣(お金)と同じように決済を行う手法です。こう定義すると企業が発行するポイントなども電子マネーに含まれますが、当サイトでは、これを小売店等で利用できるにまで進展させているサービスを電子マネーとしていきます。

電子マネーの種類

電子マネーは大きく、プリペイド型電子マネーと、ポストペイ型電子マネーに分類されます。それぞれで、決済方法や利点などが異なりますので、注意が必要です。

プリペイド型電子マネー

プリペイド型電子マネーとは、プリペイド(前払い)式の電子マネーです。つまり、事前に一定の金額をチャージ(入金)しておいて、その範囲内で利用することができる電子マネーです。現在普及している電子マネーでいうと、「Edy(エディ)」「nanaco(ナナコ)」「Suica(スイカ)」「PASMO(パスモ)」「WAON(ワオン)」などがその代表格です。

ポストペイ型電子マネー

ポストペイ型電子マネーとは、ポストペイ(後払い)式の電子マネーです。最も感覚が近いのはクレジットカードによる支払を考えてみていただいたら、理解しやすいと思います。ポストペイ(後払い)ですので、わざわざ事前にチャージをする必要がないのが特徴です。代表的なポストペイ型電子マネーとして「DCMx(ディーシーエムエックス)」「QuickPay(クイックペイ)」などが挙げられます。

 

電子マネーの規格について

電子マネーはそれぞれのサービスにより異なった規格を用いている事があります(サービス名とは異なります)。例えば、EdyやSuica、nanacoはソニー社のFelica(フェリカ)という規格を用います。

Felica規格

Felica(フェリカ)とは、ソニーが提供している非接触ICチップ技術を指します。Edy(エディ)やSuica(スイカ)、nanaco(ナナコ)といった電子マネーに用いられている規格で、Pasori(パソリ)と呼ばれる読み取り器により電子マネー情報を読み取る事ができます。現時点では、ほとんどの電子マネーはFelica規格を利用しているため、事実上のデファクトスタンダードとなっています。

電子マネーの相互利用・共通化

近年の傾向として、電子マネーの相互利用・共通化もすすめられています。例えば、JR東日本の電子マネー「Suica」は様々な都市の交通系電子マネーとの相互利用・共通化をすすめています。そのため、例えば九州の「nimoca」を使っている人でも東京にでてきたら、相互利用可能なJR東日本や東京メトロが利用できたりします。

 

仮想マネー規格

仮想マネー規格と一口にまとめていますが、Felicaなどの技術を用いる必要が無い、その他の電子マネーのことを指します。ほとんどの仮想マネーは数桁〜十数桁の番号を用いたプリペイド型の電子マネーとなっており、インターネット上での決済が中心となります。そのため、リアルマーケットでの取引にはほとんど利用されることはありません。

 

電子マネーの利用方法(媒体)

電子マネーはデジタル化された仮想貨幣ですから、私達が普段利用している通貨のよう形があるわけではなく、ほとんどの場合電子的な方法で他の媒体にデータとして保存されます。

カード型電子マネー

カード型電子マネーとは、クレジットカードやキャッシュカードのように、カード状の媒体に入っているICチップ(通常はFelica)に電子マネー情報を保存しているタイプの電子マネーで、最も伝統的な電子マネーの保存形態です。他のカードと同様に財布の中に入れて持ち運ぶ事ができます。広義にはデビッドカードなどもカード型電子マネーに含まれます。

 

お財布ケータイ

お財布ケータイとは、Felicaを内蔵している携帯電話にアプリ形式で電子マネー情報を保存する形式です。近年急速にシェアを伸ばしている方式で、普段から持ち運びをしている携帯電話に電子マネー情報を付加させることで高い利便性を実現しています。